犬種図鑑

ゴールデン・レトリーバーってどういう犬?

413034382-1

<特徴>

ゴールデン・レトリーバーとは、明るいクリーム色や暗めの赤褐色の長い毛が特徴的なイギリス原産の大型犬です。非常に頭が良く、飼い主への忠誠心も高い上に穏やかな性格をしています。このような特徴から、室外で飼うことはもちろん室内犬としても非常に愛好家が多く存在しています。もともとは狩猟の際に獲物を主人のもとへ取ってくる仕事をしていた犬種であり、泳ぎもうまく体力もあり、アウトドアでも良き相棒として活躍してくれます。体つきに対して頭が割と大きく、鼻は大きめで耳は逆三角形に垂れています。

<体重>

25kgから35kg

<体高>

54cmから61cm

<原産国>

イギリス

<ルーツと歴史>

ゴールデン・レトリーバーのルーツは、19世紀中頃まで遡ります。ニューファンドランドとウェイビーコーテッド・レトリーバーという犬種をかけ合わせて生まれた個体を元に、20年以上かけて交配を繰り返して誕生したとされています。1911年になるとゴールデン・レトリーバーとして独自の地位を確立し、イギリスのケネルクラブにも登録されています。

<性格>

ゴールデン・レトリーバーの性格は、非常に穏やかで賢く、人間に対して親しみを持ちやすいとされています。物覚えがよく飼い主と共に行動することに喜びを覚えるため、盲導犬や介助犬としても多方面で活躍しています。飼い主や家族の雰囲気を常に気にかけており、訓練すれば一緒に遊んだり静かにしておくなど状況判断もうまく行えるようになります。忍耐力にも優れており、小さな子供に対しても激しく怒ることが無いため、老人や子供のいる家庭でも飼育しやすいでしょう。

<魅力>

ゴールデン・レトリーバーの最大の魅力は、やはりその美しい毛並みと穏やかで賢い性格です。毛が長く放っておくと毛玉が出来やすいので、艶を保つためにも毎日ブラッシングをしてあげましょう。躾もしやすい性格なので、初めて犬を飼う家庭でも比較的飼いやすいと言えます。飼い主の感情に寄り添うことが得意なので、喜びも悲しみも分かち合い、欠かせない存在となってくれるでしょう。

<飼育について>

ゴールデン・レトリーバーは賢く大人しいというイメージがありますが、行動力豊かな犬種なので毎日の散歩は欠かせません。もし散歩をしていないと、運動不足からストレスが溜まって凶暴になってしまう可能性があるので注意が必要です。飼育に関しては、このように運動を毎日行い、愛情をたっぷり与えてあげることが必要です。運動不足が続くと肥満になりやすくなるので、与える食事には気を使いましょう。肥満は人間と同じように生活習慣病にかかりやすくなるので、様々な疾病や不調などの悪影響が出てしまいます。大型犬でもうまく飼育すれば20年ほどに寿命が伸びているので、できるだけ長く一緒にいられるように注意しておきましょう。

<なりやすい病気>

大型犬であるため、体重を支えるため手足の関節に大きな負担がかかっています。特に股関節が弱く、股関節形成不全にかかりやすいので滑りやすいフローリングには注意が必要です。

関連記事

  1. プードルはこんな犬!
  2. 短い足が可愛い!ダックスフンドについて
  3. チャイニーズ・クレステッド・ドッグについて
  4. shutterstock_116698591 ボストン・テリアはどんな犬?
  5. shutterstock_330017873 ウィペットという犬について
  6. ラブラドール・レトリーバーはこういう犬です!
  7. ビーグルという犬について
  8. shutterstock_448725391 フラットコーテッド・レトリーバーってどういう犬?

新着記事

ラブラドール・レトリーバーはこういう犬です!

特徴短毛で筋肉質・垂れ耳でラブラドール・レトリーバーの最大の特徴は漁に適している「水中での作…

ミニチュア・ブル・テリアの魅力と特徴

特徴ミニチュア・ブル・テリアは体高・体長がおおよそ同じサイズで正方形に近い特徴的な体型で…

ミニチュア・ピンシャーについて

特徴ミニチュア・ピンシャーはドイツ原産の小型犬で、日本ではミニピンの愛称で親しまれています。…

ミニチュア・シュナウザーとは?

特徴 ミニチュア・シュナウザーの特徴は、何と言ってもその垂れ下がったふさふさの眉毛と、立派な口ひ…

shutterstock_402566035 ボルゾイの魅力と特徴

特徴ボルゾイはロシアを原産とする大型犬です。ロシアの作家トルストイも飼っており、小説…






































PAGE TOP