犬種別疾患

ブルドッグについて

特徴

ブルドッグの特徴は肉付きの良いがっしりとした体格と、広い肩幅、重心の低いどっしりした容貌です。このどっしり感は、大きな動物と互角に戦うための資質でした。
その重心の低い体に大きな頭部を持つことも特徴の一つであり、これは顎周りの筋肉を頑丈に発達させました。獲物に食らいついた時に慌てることなく鼻呼吸をすることが出来る鼻口部のスタイルも大変独特です。
戦闘能力に重きを置かれ、疾走能力はそれほど求められなかったブルドッグの歩き方は、しっかりした四肢をのびやかに使い、体を左右に揺らすスタイルです。

体重

23kg(オス)

体高

30~38cm

原産国

イギリス

ルーツと歴史

ブルドッグは、13世紀におけるイギリスで流行していたスポーツ「ブル・バイティング」で牛を攻撃・興奮させることから名付けられた名前です。いったん牛の鼻に噛みついたら振り回されても放さないというブルドッグに誇りを感じていたオーナーたちが歴史を作っていきますが、1835年に「ブル・バイティング」が禁止され、ブルドッグの人気は急落するものの、愛好家たちにより攻撃性の少ない犬との交配により、現在のユニークな外観を残し愛想の良い犬となりました。

性格

見た目のしかめっ面からは想像できないほど陽気であり、愛想が良くおっとりとした性格を持つ現在のブルドッグです。時には頑固なところもありますが、飼い主を喜ばせようとする一生懸命な一面が垣間見られることもあります。小さい子供や知らない人にも怖がることなく友好的な態度で接することが出来る、落ち着いた性格でもあります。犬に対しては攻撃的な態度が出るときもありますが、他種のペットに対しては一概に友好的であり、大変頭の良い印象があります。

魅力

ブルドッグの魅力はなんといってもその平面的な顔です。不機嫌そうな顔をしている割には大変甘えん坊で、活動的なことから遊ぶときは本気になりますので、一度眠ったら起こすのが大変なくらいです。熟睡中は声をかけたくらいでは反応せず、揺すっても起きないことで知られています。頭部が大きくてゆらゆら歩くスタイルやしぐさが人間らしく見えることも大きな魅力の一つです。

飼育について

ブルドッグの飼育について、大変活動的で毎日外に出たがりますが、高温多湿の環境には弱いため、日本では梅雨の時期などの長時間に至る散歩やジョギングには注意しましょう。高いところからのジャンプや泳いだりするなど、この犬種の苦手とすることにも注意して散歩しましょう。飼育中に見られる特徴として、多くは苦しそうに息をしたり、よだれを垂らす、いびきをかくということもあげられます。毛は短く、時々のブラッシングやシャンプーなどの手入れのみで大丈夫です。顔のシワ・尻尾にもあるシワの間に溜まる汚れを拭いてあげることが大事です。

なりやすい病気

股関節形成不全や乾性角結膜炎、鼻腔狭窄などが特に気を付けたい病気です。

関連記事

  1. チワワはこういう犬です!
  2. セント・バーナードという犬について
  3. キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルはこういう犬です!
  4. シベリアン・ハスキーはどんな犬?
  5. チャイニーズ・クレステッド・ドッグについて
  6. ジャック・ラッセル・テリアはどんな犬?
  7. プードルはこんな犬!
  8. shutterstock_402566035 ボルゾイの魅力と特徴

新着記事

ラブラドール・レトリーバーはこういう犬です!

特徴短毛で筋肉質・垂れ耳でラブラドール・レトリーバーの最大の特徴は漁に適している「水中での作…

ミニチュア・ブル・テリアの魅力と特徴

特徴ミニチュア・ブル・テリアは体高・体長がおおよそ同じサイズで正方形に近い特徴的な体型で…

ミニチュア・ピンシャーについて

特徴ミニチュア・ピンシャーはドイツ原産の小型犬で、日本ではミニピンの愛称で親しまれています。…

ミニチュア・シュナウザーとは?

特徴 ミニチュア・シュナウザーの特徴は、何と言ってもその垂れ下がったふさふさの眉毛と、立派な口ひ…

shutterstock_402566035 ボルゾイの魅力と特徴

特徴ボルゾイはロシアを原産とする大型犬です。ロシアの作家トルストイも飼っており、小説…






































PAGE TOP