犬種図鑑

サモエドはどんな犬?

特徴

サモエドは主に白い毛並みが特徴的なコミュニケーション能力に長けた犬で、人にもよく慣れて別の犬と矯正することも可能な犬種です。
かつては狩猟犬として活躍していたこともあるものの現在のサモエドの攻撃本能は強くなく、しっかりとしつければ子どもが相手でも良い遊び友達になってくれます。
強いて短所を挙げるとすれば吠え声が比較的とおりやすい声であるために吠え癖が付くとかなりうるさく、また皮下脂肪が多い傾向にあるため散歩などの運動が不足すると肥満になりやすいといったことが挙げられます。

体重

20~40kg

体高

50~60cm

原産国

ロシア

ルーツと歴史

サモエドはもともとロシアのシベリア地域を中心として飼育されていた犬です。
歴史は非常に古く3000年ほど前から犬種として存在していたとされており、分類としては原始犬に近いものがあります。
ただ愛玩犬としてのサモエドは20世紀初頭のイギリスで行われた交配にルーツがあり、それによって外見的に美しい白系の毛色が主流となり、元々居た黒・茶系の色のサモエドは珍しくなりました。

性格

性格は極めて社交的であり子どもでも大人でもよく懐く賢い犬です。
元々は狩猟犬としての活躍もあったために狩猟本能も多少は残っていますがしつけで対応できるレベルであり、しつけに関しても飲み込みが良く飼育しやすい性格であると言えます。
ただ良くも悪くも極めて社交的で飼い主をはじめとした人間を大好きになるタイプであるため、番犬として使うのには全く向いていません。
また賢さゆえに家族の気を引くためのいたずらをすることもあるという点にも要注意です。

魅力

サモエドの魅力はその美しい白い毛並みと愛想のよさ、そして何よりもサモエド・スマイルと評される顔つきにあります。
顔の構造上口元が上向いているため、常に飼い主に対して微笑みかけているかのような愛きょうのある顔つきには多くのファンがいます。
ドッグランなどで飼い主の元に駆け寄ってくる姿はこの上ない可愛さがあり、愛を注げばそれだけ愛してくれる点も大きな魅力でしょう。

飼育について

サモエドの飼育で特に注意が必要なのは運動量についてです。
可愛い顔とは裏腹に荷物引きにすら耐えうる筋肉質な体を持ち、シベリアの寒さに耐えるために皮下脂肪を蓄える傾向にあるため、運動量が不足するとストレスを溜めていたずらをするようになったり肥満になってしまうことがあります。
また白い毛の手入れにはかなり気を使わなくてはならず、最低でも1週間に2回か3回のブラッシングは必須です。
加えて抜け毛も多い部類に入るため、室内で飼う場合は抜け毛の掃除もしっかり行う必要があるでしょう。
総じて一緒に暮らすには体力と細やかさが必要な犬だと言えます。

なりやすい病気

股関節形成不全、胃捻転、進行性網膜萎縮症

関連記事

  1. shutterstock_65820004-1 シー・ズーってどういう犬?
  2. チワワはこういう犬です!
  3. アメリカン・コッカー・スパニエルについて
  4. グレート・ピレニーズってどういう犬?
  5. ミニチュア・ピンシャーについて
  6. shutterstock_330017873 ウィペットという犬について
  7. イタリアン・グレーハウンドについて
  8. shutterstock_232556533 ボクサーはどんな犬?

新着記事

ラブラドール・レトリーバーはこういう犬です!

特徴短毛で筋肉質・垂れ耳でラブラドール・レトリーバーの最大の特徴は漁に適している「水中での作…

ミニチュア・ブル・テリアの魅力と特徴

特徴ミニチュア・ブル・テリアは体高・体長がおおよそ同じサイズで正方形に近い特徴的な体型で…

ミニチュア・ピンシャーについて

特徴ミニチュア・ピンシャーはドイツ原産の小型犬で、日本ではミニピンの愛称で親しまれています。…

ミニチュア・シュナウザーとは?

特徴 ミニチュア・シュナウザーの特徴は、何と言ってもその垂れ下がったふさふさの眉毛と、立派な口ひ…

shutterstock_402566035 ボルゾイの魅力と特徴

特徴ボルゾイはロシアを原産とする大型犬です。ロシアの作家トルストイも飼っており、小説…






































PAGE TOP