犬種図鑑

ウィペットという犬について

shutterstock_330017873

特徴

ウィペットはまだ比較的新しい種類です。グレー・ハウンドにテリア種であるマンチェスター・テリアやベドリントン・テリアを交配しており、ドッグレースに欠かすことのできない存在です。グレイ・ハウンドのミニタイプといったところでしょうか。そのすらりと伸びたボディは長く走るうえで無駄の無い体型です。レースでは闘争心が強く勇敢な犬ですが、ひとたびレースから離れると、おとなしく飼い主に従順な性格のため、愛玩動物として家庭で飼う上でも人気が高いのです。扱いやすいので最初に飼う犬としてもおすすめです。

体重

10kg

体高

50センチ

原産国

イギリス

ルーツと歴史

元々、ウィペットは100年ほど前にイギリスで作出されました。ドッグレースで負けないための勇敢さ・闘争心と走り回るのに無駄の無い体型を作り上げたのです。イギリスはドッグレースが盛んな国であり、もともとは牛や熊と戦ったり、囲いの中でどれだけ多くウサギを殺せるかを争ったりしており、スナップドッグ・噛みつき犬という別名も持ちます。

性格

噛みつき犬の異名があったり、レースでの姿とは対照的に、家庭で育てる分にはウィペットはおとなしく穏やかな性格です。めったに吠えることもありませんし献身的、子供がいても安心して飼うことができます。
愛情深く育ててやれば飼い主の気持ちを汲み取り、しっかりとした信頼関係を築き上げることができるでしょう。
その扱いやすさから欧米での人気が高い犬です。ただメンタル面で敏感な一面もあるため、必要以上にイライラをぶつけたり体罰を与えるようなことは避けましょう。

魅力

最も従順な犬と言われ飼い主にとにかく献身的な性格もですが、特徴的な流線型のボディーラインも魅力です。加速力や方向転換の俊敏さなど他の犬とは大違いです。お散歩の際には屋外でしっかり走らせてやりましょう。躍動感あふれるその姿は美しくさえあります。ウィペットの名前の由来は「鞭で飛ばす」。まさに馬を想わせる走りなのです。

飼育について

ウィペットは運動が大好きなので、1日2回お散歩させてやるだけでなく、できれば時々はドッグランなどで思いっきり走らせてやりましょう。運動の時間をきちんと取り入れてやっていれば室内で飼うのも特に問題はありません。
毛がとても短くきれい好きなため毎日のお手入れはブラッシングや蒸しタオルで拭く程度でよく、楽チンです。
飼育の際の注意点として、寒さに弱いというのがあります。冬場はお散歩の際に暖かい服を着せてあげるようにしましょう。室内も暖房で空調管理したりブランケットを置いてやったりととにかく寒さ対策してやることが必要です。

なりやすい病気

皮膚炎など皮膚の病気はなりやすいですが、毎日きちんとケアしてやっていれば予防は可能です。

関連記事

  1. ノーフォーク・テリアとは?
  2. shutterstock_116698591 ボストン・テリアはどんな犬?
  3. 413034382-1 ゴールデン・レトリーバーってどういう犬?
  4. アメリカン・コッカー・スパニエルについて
  5. シベリアン・ハスキーはどんな犬?
  6. どの子がお好み?ダックスフンドの種類とそれぞれの特徴
  7. ブルドッグについて
  8. グレート・ピレニーズってどういう犬?

新着記事

ラブラドール・レトリーバーはこういう犬です!

特徴短毛で筋肉質・垂れ耳でラブラドール・レトリーバーの最大の特徴は漁に適している「水中での作…

ミニチュア・ブル・テリアの魅力と特徴

特徴ミニチュア・ブル・テリアは体高・体長がおおよそ同じサイズで正方形に近い特徴的な体型で…

ミニチュア・ピンシャーについて

特徴ミニチュア・ピンシャーはドイツ原産の小型犬で、日本ではミニピンの愛称で親しまれています。…

ミニチュア・シュナウザーとは?

特徴 ミニチュア・シュナウザーの特徴は、何と言ってもその垂れ下がったふさふさの眉毛と、立派な口ひ…

shutterstock_402566035 ボルゾイの魅力と特徴

特徴ボルゾイはロシアを原産とする大型犬です。ロシアの作家トルストイも飼っており、小説…






































PAGE TOP