犬種図鑑

ドーベルマンという犬について

特徴

ドーベルマンは、均整の取れた体格や引き締まった筋肉も特徴になる犬種です。個体によって多少の差はありますが、多くは毛艶のある黒色や茶色です。黒い毛色を中心にして、赤毛の部分が少しだけ含まれることもあります。普段の生活中には耳を前側に垂らしているため、可愛らしい表情を観察できますが、警戒しているときはまっすぐの状態に立てる性質があります。鋭い耳の形は独特なもので、コウモリの姿とも似ています。力強い体格が特徴ですが、尻尾については短い場合が多く、足は十分な長さがあります。

体重

40kg前後

体高

65cm前後

原産国

ドイツ

ルーツと歴史

犬種として誕生したのは19世紀のことで、ドイツでブリーダーとして活躍していたドーベルマンという人が生みの親になっています。犬種の名前もこの人物に由来するもので、ドイツ語らしい響きを持っています。充実した体力や従順な精神を持ちあわせているために、警察犬や軍用犬として欠かせない存在になり、現在でも世界中で愛されています。

性格

警察犬や軍用犬として重宝されるだけあって、ドーベルマンの性格は思慮深く、非常に高い知能を持っています。飼い主の命令に逆らうことなく、従順な気持ちで常に接してくれるのは、強固な忍耐力も備えているためです。信頼している飼い主に対しては従順ですが、テリトリーの範囲外から訪れた人物に対しては、極めて神経質になることもあります。神経質な一面があっても、飼育中には訓練を繰り返すことで、穏やかな性格を保てるようになります。

魅力

ドーベルマンの美しい筋肉や毛艶は、サラブレッドの肉体とよく似ているため、競馬が好きな人にとっても魅力的です。肉体には無駄な部分がなく、全体的なバランスにも優れるため、飼い主にとっても羨ましくなるような体形です。一緒に生活するごとに、飼い主との信頼関係が深くなり、生涯のパートナーになってくれるのもうれしいことです。

飼育について

ドーベルマンを飼育するためには、特段の注意が必要とされています。十分な訓練を受けさせないで育てた場合には、凶暴な一面を見せることがありますから、幼少期からは教育を徹底させなければいけません。飼い主の指示に従ってくれる場合には、散歩のときでも安心できますが、ドーベルマンのほうが立場が上になっている場合には注意が必要です。主従関係を明確にして、飼い主が絶対的に上に立つことを教えなければ、飼育中には噛まれる恐れもあります。ドーベルマンは引っ張る力も非常に強いですから、散歩では必ず飼い主が前に立って先導することが大切です。

なりやすい病気

フォン・ビルブランド病、胃捻転など

関連記事

  1. ノーフォーク・テリアとは?
  2. ダルメシアンの魅力と特徴
  3. ジャック・ラッセル・テリアはどんな犬?
  4. shutterstock_34564123 ボーダー・コリーについて
  5. チワワはこういう犬です!
  6. どの子がお好み?ダックスフンドの種類とそれぞれの特徴
  7. シェットランド・シープドッグについて
  8. shutterstock_402566035 ボルゾイの魅力と特徴

新着記事

ラブラドール・レトリーバーはこういう犬です!

特徴短毛で筋肉質・垂れ耳でラブラドール・レトリーバーの最大の特徴は漁に適している「水中での作…

ミニチュア・ブル・テリアの魅力と特徴

特徴ミニチュア・ブル・テリアは体高・体長がおおよそ同じサイズで正方形に近い特徴的な体型で…

ミニチュア・ピンシャーについて

特徴ミニチュア・ピンシャーはドイツ原産の小型犬で、日本ではミニピンの愛称で親しまれています。…

ミニチュア・シュナウザーとは?

特徴 ミニチュア・シュナウザーの特徴は、何と言ってもその垂れ下がったふさふさの眉毛と、立派な口ひ…

shutterstock_402566035 ボルゾイの魅力と特徴

特徴ボルゾイはロシアを原産とする大型犬です。ロシアの作家トルストイも飼っており、小説…






































PAGE TOP