犬種図鑑

ボクサーはどんな犬?

shutterstock_232556533

特徴

ボクサーはドイツ原産の中型ワーキングドッグです。その特徴は力強く筋肉質でスクエアな体格、ビロードのような滑らかな被毛を持ちます。顔だちはいわゆるブルドッグに似て、独特の受け口がこの犬種を特徴づけています。これはかつて狩猟犬や闘犬としての役割を期待されたところに由来します。軍用犬や警察犬としても働いていたので、性格は忍耐強く飼い主の指示にしっかりとしたがいます。第一次世界大戦では赤十字犬としても活躍しその名を高めました。
いかつい見た目に反して意外に愛嬌があり、親しみやすく活動的な人気のある犬種です。

体高

雄57~64㎝ 雌53~60㎝

体重

25~32㎏

原産国

ドイツ

ルーツと歴史

ボクサーは19世紀ごろのドイツで生まれました。元々は熊やイノシシのような大型の動物狩りに用いられていたブレンバイザーという犬に、他のいくつかの犬を交配してボクサーは生まれました。
当初は闘犬や狩猟犬として飼育されており、牛と戦わせたりしていました。しかしやがてヨーロッパで闘犬が禁止になると警察犬や軍用犬として働くようになります。第一次世界大戦の際のメッセンジャードッグなどでの活躍をきっかけに一躍人気犬種として世界に広まりました。

性格

ボクサーは働き者で我慢強く、飼い主に忠実な犬です。警戒心に富みますが、飼い主との信頼関係ができていれば温和で、家庭犬に相応しい性格です。飼い主や家族の事を良く観察しており、子供の相手もしてくれます。
頑固な所がある反面、繊細な所もあり、観察力もあり、使役犬として働いてきただけあって訓練しやすい犬種です。基本的には他の犬ともうまくやっていけますし、家の中でうるさく吠えるようなこともありません。こわもての顔だちに反して愛嬌があり、楽しいパートナーになる存在です。

魅力

ボクサーの魅力は威厳のある立派な見た目と、タフな力強さを持っている所です。骨太で丈夫ながっちりとした体つきをしています。堂々と胸を張って軽やかに歩く姿は気品を感じられます。
そうかと思えば、意外にユーモラスな愛嬌のある所が楽しい犬です。ときおり見せる首をかしげるしぐさなど、妙に人間的な所があります。周囲の人間を良く観察して振る舞う賢い犬と言えるでしょう。

飼育について

飼育する際の注意点としては、豊富な運動が必要です。長めの散歩や早足の散歩を喜びますし、ドッグランなどで存分に走り回る機会が必要でしょう。見た目の通り力が強い犬ですので、散歩の際にしっかりと飼い主がリードをとれるようしておきます。
ボクサーは口吻が短い犬種なので体内の熱を放出することが苦手です。暑さには十分注意して、夏場は早朝や夕方など涼しい時間に運動するようにします。また鼻と口の形状から、寝るときにいびきをかくことがあります。
被毛は短いので、タオルでふいて時折ブラッシングすれば大丈夫です。顔や身体の皮膚がたるんでいる所に汚れや汗がたまりやすいので、気を付けてふいてあげると喜びます。

なりやすい病気

肥大性心筋症、股関節形成不全胃捻転、椎間板ヘルニア

関連記事

  1. ラブラドール・レトリーバーはこういう犬です!
  2. ブルドッグについて
  3. ビション・フリーゼの魅力と特徴
  4. ノーフォーク・テリアとは?
  5. アメリカン・コッカー・スパニエルについて
  6. イタリアン・グレーハウンドについて
  7. バーニーズ・マウンテン・ドッグという犬について
  8. チワワはこういう犬です!

新着記事

ラブラドール・レトリーバーはこういう犬です!

特徴短毛で筋肉質・垂れ耳でラブラドール・レトリーバーの最大の特徴は漁に適している「水中での作…

ミニチュア・ブル・テリアの魅力と特徴

特徴ミニチュア・ブル・テリアは体高・体長がおおよそ同じサイズで正方形に近い特徴的な体型で…

ミニチュア・ピンシャーについて

特徴ミニチュア・ピンシャーはドイツ原産の小型犬で、日本ではミニピンの愛称で親しまれています。…

ミニチュア・シュナウザーとは?

特徴 ミニチュア・シュナウザーの特徴は、何と言ってもその垂れ下がったふさふさの眉毛と、立派な口ひ…

shutterstock_402566035 ボルゾイの魅力と特徴

特徴ボルゾイはロシアを原産とする大型犬です。ロシアの作家トルストイも飼っており、小説…






































PAGE TOP