犬種図鑑

ミニチュア・シュナウザーとは?

特徴

ミニチュア・シュナウザーの特徴は、何と言ってもその垂れ下がったふさふさの眉毛と、立派な口ひげでしょう。
おじいさんを思わせる顔立ちで、どことなくユーモラスな表情をした小型犬です。ネズミを取る為に改良された犬種なので、動きが俊敏で、持久力も備えています。ミニチュア・シュナウザーの毛は、上毛と下毛のダブルコートとなっており、抜け毛が少ないのが特徴です。毛色はブラック、ソルト・アンド・ペッパーと言われるグレー、ブラック・アンド・シルバー、ホワイトなどの4種があります。

体重

6~7kg

体高

30~36cm

原産国

ドイツ

ルーツと歴史

 ミニチュア・シュナウザーのルーツは、14世紀頃のドイツにあると言われています。ドイツではその昔、スタンダード・シュナウザーや、ジャイアント・シュナウザーがネズミの駆除や家畜の輸送などに使われていました。その賢さや忠誠心から使役犬として活躍していましたが、やがて小型化が進み、プードルなどとかけ合わされ、ミニチュア・シュナウザーが生まれたと言われています。
 シュナウザーとは、ドイツ語で「小さなヒゲ」と言う意味なので、その外見にはぴったりですね。

性格

 ミニチュア・シュナウザーは、性格が穏やかで賢く、好奇心旺盛で家族に対して非常に愛情深い犬種です。子供と一緒に遊ばせても安心です。
 警戒心が強く、時には無駄吠えをする事もありますが、訓練によりコントロールは可能です。ネズミを追いかけていたころの本能なのか、追いかけることを好み、おもちゃなどを咥えて遊ぶ事を楽しみますが、他のテリア犬種に比べて攻撃性がなく、他の動物に対しても穏やかな性格をしています。見た目の通り頑固な一面があり、思い込むとテコでも動かないような所がありますが、基本的には聡明で従順です。

魅力

 ミニチュア・シュナウザーの魅力は、何と言ってもユーモラスな表情と、その聡明さです。ミニチュア・シュナウザーは、マルマルモリモリでお馴染みの、芦田愛菜ちゃんと福くんの主演のドラマに出演し、大人気犬種となりました。ドラマではムックと言うしゃべる犬を演じていましたが、実際に3歳児程度の知能があるとも言われており、海外では番犬や警察犬としても活躍しています。
 また、毛を伸ばしてみたりカットしてみたり、トリミングの方法で全く違う印象が楽しめるのも魅力の1つです。

飼育について

 ミニチュア・シュナウザーは、活発で運動が好きな犬種ですが、あまり激しい運動は必要ありません。1日に、30分から1時間程度の散歩をしたり、室内で遊ばせてあげて下さい。家族と一緒にいることを好みますので、なるべく家の中で飼育してあげて下さい。
 体毛は二重構造となっているので、週に数回のブラッシングをしてあげましょう。1~2か月に1回のトリミングも必要となりますが、毛をバリカンで刈る方法(クリッピング)と、抜く方法(ストリッピング)があります。ドッグショーに出る場合はストリッピングが行われます。
 しかし、高齢になると皮膚が弱くなり、炎症が起きやすくなるので注意が必要です。皮膚を保護してあげるよう心がけて下さい。

なりやすい病気

尿石症、進行性網膜萎縮症、停留睾丸、皮膚疾患、レッグ・カルベ・ペルテス病、白内障、糖尿病、膀胱炎など

関連記事

  1. 413034382-1 ゴールデン・レトリーバーってどういう犬?
  2. フレンチ・ブルドッグの魅力と特徴
  3. ダルメシアンの魅力と特徴
  4. 62752195-2 チワワ
  5. シェットランド・シープドッグについて
  6. グレート・グデーンってどういう犬?
  7. サモエドはどんな犬?
  8. ビーグルという犬について

新着記事

ラブラドール・レトリーバーはこういう犬です!

特徴短毛で筋肉質・垂れ耳でラブラドール・レトリーバーの最大の特徴は漁に適している「水中での作…

ミニチュア・ブル・テリアの魅力と特徴

特徴ミニチュア・ブル・テリアは体高・体長がおおよそ同じサイズで正方形に近い特徴的な体型で…

ミニチュア・ピンシャーについて

特徴ミニチュア・ピンシャーはドイツ原産の小型犬で、日本ではミニピンの愛称で親しまれています。…

ミニチュア・シュナウザーとは?

特徴 ミニチュア・シュナウザーの特徴は、何と言ってもその垂れ下がったふさふさの眉毛と、立派な口ひ…

shutterstock_402566035 ボルゾイの魅力と特徴

特徴ボルゾイはロシアを原産とする大型犬です。ロシアの作家トルストイも飼っており、小説…






































PAGE TOP