犬種図鑑

ミニチュア・ピンシャーについて

特徴

ミニチュア・ピンシャーはドイツ原産の小型犬で、日本ではミニピンの愛称で親しまれています。もとは小型の害獣退治のために産まれましたが、いまでは愛玩犬として人気があります。その特徴は小柄でバランスの良い体系と、活発で楽しい性格です。飛び跳ねるような機敏さを持ちます。毛色は赤、チョコレート、黒に斑点などがあります。
飼育する場合の注意点としては、運動好きなので散歩や身体を動かす遊びをたっぷりとすることがあります。またヤンチャで威勢の良い性格ですので、飼い主がしっかりと社会性を教えれば、非常に魅力的なパートナーとなります。

体重

4㎏~6㎏

体高

25㎝~30㎝

原産国

ドイツ

ルーツと歴史

ミニチュア・ピンシャーはドイツ原産の小型犬です。18世紀から19世紀ごろに誕生したと言われています。その当時はネズミなどの小型害獣を捕まえる役割が期待されていました。一見するとドーベルマンの小型化という印象ですが、そうではなく、こちらの方が早くに誕生しました。やがて第一次世界大戦前までにはドイツで人気のある犬種となりましたが、大戦とともに数を減らしました。しかしアメリカなどの諸国で人気を保ち現在に至っています。

性格

ミニチュア・ピンシャーの性格は活発で機敏、とても活動的な性格です。頭の回転が速く、好奇心旺盛で楽しいことが大好き、はしゃぎまわって遊ぶことを好みます。その由来から、小動物の追跡に熱中することがあります。小柄ながら自尊心が高く、自分よりも大きい相手に対しても恐れることなく向かっていきます。知らない人に対しても警戒心があります。このような性格から、番犬の適性があり、外国では車の盗難を防ぐ番をすることもあります。
飼い主に対しては忠誠心が高く、甘えん坊で一緒に遊んでもらうのが好きです。

魅力

ミニチュア・ピンシャーの魅力は、体格、機敏さです。小柄でありながらガッチリとした筋肉を持ち、均整の取れた美しい体つきです。小型犬の中でも運動神経が良く、歩くときには馬やシカのように前肢を高く持ち上げて、ピョンピョン飛び跳ねるように歩くのが特徴です。
特に身体を動かすのが好きな飼い主にはぴったりの、楽しいパートナーとなるでしょう。

飼育について

小型犬は運動量が多くない傾向がありますが、ミニチュア・ピンシャーは身体を動かすのが好きです。毎日の散歩だけでなく、場所を選んで思い切り自由に走り回らせたり、ボールやオモチャで遊ぶと大変喜びます。ただしあまりに機敏すぎて、高くジャンプしすぎるあまり骨折したり脱臼したりすることがあるので、注意が必要です。
被毛はあまり手入れがいらず、タオルでふいて、時々ブラシをかければ十分でしょう。
威勢が良く自分に自信のある犬種なので、飼い主が社会で必要なことはしっかり教えます。幸い学習能力は高いので、根気強く接すれば飼い主の事を認めて忠誠と愛情を示します。
なお、冬の寒さは苦手なので、屋外飼育には向きません。

なりやすい病気

レッグ・カルベ・ペルテス病、膝蓋骨脱臼

関連記事

  1. ラブラドール・レトリーバーはこういう犬です!
  2. セント・バーナードという犬について
  3. shutterstock_112905874 イングリッシュ・コッカー・スパニエルという犬について
  4. パグとは?
  5. shutterstock_232556533 ボクサーはどんな犬?
  6. バーニーズ・マウンテン・ドッグという犬について
  7. どの子がお好み?ダックスフンドの種類とそれぞれの特徴
  8. フレンチ・ブルドッグの魅力と特徴

新着記事

ラブラドール・レトリーバーはこういう犬です!

特徴短毛で筋肉質・垂れ耳でラブラドール・レトリーバーの最大の特徴は漁に適している「水中での作…

ミニチュア・ブル・テリアの魅力と特徴

特徴ミニチュア・ブル・テリアは体高・体長がおおよそ同じサイズで正方形に近い特徴的な体型で…

ミニチュア・ピンシャーについて

特徴ミニチュア・ピンシャーはドイツ原産の小型犬で、日本ではミニピンの愛称で親しまれています。…

ミニチュア・シュナウザーとは?

特徴 ミニチュア・シュナウザーの特徴は、何と言ってもその垂れ下がったふさふさの眉毛と、立派な口ひ…

shutterstock_402566035 ボルゾイの魅力と特徴

特徴ボルゾイはロシアを原産とする大型犬です。ロシアの作家トルストイも飼っており、小説…






































PAGE TOP