犬の育て方

最初が肝心!犬のしつけを始める前に知っておいてほしいこと

ic-culture-01

最初が肝心!犬のしつけを始める前に知っておいてほしいこと

culture-post01-ph01犬を飼うに当たっては、十年以上の付き合いになっていきますので最初が肝心になります。
犬は吠える動物です。吠えるときはなにかを要求をしているとき、あるいは警戒心から吠えることもあります。

しかり方やほめ方でずいぶん変わってきますので、上手にコミュニケーションをとりながら犬のしつけをしていくといいでしょう。

犬にもそれぞれ個性がありますし、感情もあります。
個性は細かく観察して見極めていくといいでしょう。

小さいころなどは噛み癖もありますが、これも犬のしつけ次第で直っていきますので大丈夫です。

犬のしつけは早い段階で!

犬のしつけは飼い始めの早い段階にしておくと、後々トラブルも避けることができます。
吠え癖、噛み癖は言葉でコミュニケーションをとりつつ、根気強く教えていくことが大切となります。
一度や二度では覚えませんので、失敗しても数時間から数日をかけて何度も教え込むことが必要となります。

何度も反復していくうちに、犬は学習していきます。その際に注意しなければならないことは飼い主が熱くなりすぎず、冷静にちゃんと向き合い愛情を伝えながら学習させていくことです。
飼い主との信頼関係の構築といっても過言ではありません。

犬が小さいときに培った信頼関係で、後々の性格や動作も変わってきます。
そしてとても純粋ですので、叱るときははっきりと目を見て大きな声を出し、ほめるときは叱ったときよりも何倍もほめてあげましょう。

犬のしつけは、根気と愛情が必要です。

関連記事

  1. 1252641081-2 犬を家に迎え入れるまで。ワクチン接種、フード選び、飼育環境はどう…
  2. 281482349 犬を飼う前に読んでおきたい、飼い方で悩む前に役立つ”おすすめ本”…
  3. b49a4993329db6906a8e3a2ac28728f3_s 可愛すぎて怒れない…!?チワワのための正しいしつけ方
  4. worries-post02-ph01 内側からのケアも重要なんです!犬の毛艶とフードの関係

新着記事

ラブラドール・レトリーバーはこういう犬です!

特徴短毛で筋肉質・垂れ耳でラブラドール・レトリーバーの最大の特徴は漁に適している「水中での作…

ミニチュア・ブル・テリアの魅力と特徴

特徴ミニチュア・ブル・テリアは体高・体長がおおよそ同じサイズで正方形に近い特徴的な体型で…

ミニチュア・ピンシャーについて

特徴ミニチュア・ピンシャーはドイツ原産の小型犬で、日本ではミニピンの愛称で親しまれています。…

ミニチュア・シュナウザーとは?

特徴 ミニチュア・シュナウザーの特徴は、何と言ってもその垂れ下がったふさふさの眉毛と、立派な口ひ…

shutterstock_402566035 ボルゾイの魅力と特徴

特徴ボルゾイはロシアを原産とする大型犬です。ロシアの作家トルストイも飼っており、小説…






































PAGE TOP