シニア犬について

シニア犬の幸せな犬生のためにやってあげたい「オーラルケア」

109821797

シニア犬は、歯周病のリスクが高くなります

シニア犬になると健康や見た目に様々な変化が訪れてきます。
そしてそれが時には、シニア犬の幸せな犬生の支障になることもあります。
そのひとつが口腔内、歯の変化です。

歯槽膿漏や歯周病など、人間にとってなじみのある歯の疾病は、じつは犬にも起こり得るものです。
そして年齢を重ねているシニア犬は、その可能性が若い犬に比べると高くなってしまいます。

幼いうちから、歯磨きを習慣化しておく

ですからいちばん望ましいのは、犬が幼い内から、オーラルケアの一環として歯みがきの習慣をつけておくことです。
こうすればシニア犬になってからでもオーラルケアや歯みがきを嫌がりませんし、歯槽膿漏や歯周病の症状も軽減させることができます。

歯磨きの方法について

犬に対するオーラルケアはどのように行えば良いかと言うと、専用の歯ブラシを口の中に入れて歯を磨くと言う方法もあります。
しかしこれは犬も嫌がり、なかなか難しいかもしれません。

そこでおすすめなのが、専用のジェルを使った方法です。
ガーゼなどにジェルを垂らして、それで歯の汚れをふき取り、歯をきれいにすると言う方法です。
ガーゼを片方の手の指に巻いて、もう片方の手の指で口元の皮膚をめくるようにして歯を露出させて、
ガーゼで素早くふき取ると良いです。

もしふき取りがうまくいかないと言う場合は、ジェルを歯の表面に垂らすだけでも効果が期待できます。
特に奥歯は、ドライフードを噛むうえでも重要な役割を果たしている歯なので、そこは重点的にケアするように努めると良いです。

歯槽膿漏や歯周病は、歯の健康に留まらず、その原因菌が血中にのって脳や心臓に影響を及ぼすこともあります。
ですから歯の健康を守ることは、飼い主の重要な責任のひとつだと言えます。

関連記事

  1. ic-worries-01 大切な家族のために知っておきたい。シニア犬の「介護食」と注意点
  2. 犬の夜泣きはなぜ起こる?正しい対処法っていったいなに?
  3. 96101132 愛犬の暑さ対策として”扇風機”を使うときの注意点と効果的な使い方…
  4. 279711269 旅行はOK?シニア犬とのお出かけで気をつけるポイント
  5. ic-senior-01 パピーよりも注意が必要?シニア犬の健康管理のヒント
  6. worries-post02-ph01 内側からのケアも重要なんです!犬の毛艶とフードの関係
  7. 347381348 お家でできる!普段からやっておきたい犬の歯石ケア
  8. 犬 ダニ 知らないと怖い犬の皮膚炎~その症状、原因、治療方法とは~

新着記事

ラブラドール・レトリーバーはこういう犬です!

特徴短毛で筋肉質・垂れ耳でラブラドール・レトリーバーの最大の特徴は漁に適している「水中での作…

ミニチュア・ブル・テリアの魅力と特徴

特徴ミニチュア・ブル・テリアは体高・体長がおおよそ同じサイズで正方形に近い特徴的な体型で…

ミニチュア・ピンシャーについて

特徴ミニチュア・ピンシャーはドイツ原産の小型犬で、日本ではミニピンの愛称で親しまれています。…

ミニチュア・シュナウザーとは?

特徴 ミニチュア・シュナウザーの特徴は、何と言ってもその垂れ下がったふさふさの眉毛と、立派な口ひ…

shutterstock_402566035 ボルゾイの魅力と特徴

特徴ボルゾイはロシアを原産とする大型犬です。ロシアの作家トルストイも飼っており、小説…






































PAGE TOP