シニア犬について

犬の歯磨きが大事な理由。いつまでも元気でいてもらうために

犬の歯みがきが大事な理由

3歳以上のイヌの80パーセントは歯周病にかかっているといわれています。この病気は放っておくと手術が必要にもなる怖い病気です。
イヌが末永く健康に過ごすためには歯磨きが必要です。イヌの歯磨きを行わずに汚れがすぐにたまり、3日から5日もすると歯石になってしまいます。イヌの場合は汚れが付着してから歯石になるスピードが速いのです。これをさらに放っておくことで歯周病になり、症状が進行している場合には、歯茎にメスを入れればならなくなったり、最悪の場合は抜かなくてはならなくなります。こうならないためにも、日ごろからの歯磨きが重要になるのです。

病院での歯みがきが犬にかける負担

イヌの歯石がたまったから、きれいに取り除いてもらうために、動物病院にに行き、除去してもらいという人も多いでしょう。汚れは歯周病の原因にもなるため、あるよりはない方がよいといえます。汚れを取るためには口を開けている必要があるため、イヌが暴れてしまわないようにと全身麻酔をかけることになります。この全身麻酔がイヌの体には負担が大きくのしかかるのです。麻酔薬にアレルギー反応を起こしたり、老犬や病気のイヌは体力がなく麻酔が効きすぎてしまうこともあり、死亡する例も数多くあげられます。全身麻酔はイヌの体に大きな負担となることを、しっかりと認識しておきましょう。

自宅での犬の歯みがきの方法

自宅でイヌの歯磨きを行う時には、無理をしない方法が大切です。無理に行うことで、イヌが嫌がるようになり、飼い主との信頼関係が崩れてしまうことにもつながります。
その方法としては、まず最初に口に触れられることに慣れるところから始めます。口に触れたり、そっと口元をめくり、タッチしていきます。上手に口元を触らせてくれたら、うんとほめるようにしましょう。
その後は、急にハブラシを使うのではなく、ガーゼを使って歯磨きをしていきます。慣れてきたらハブラシに変え、磨いていきましょう。嫌がるようなことがあれば、口に入れただけでも十分にほめるようにしましょう。

歯磨きを嫌がる犬への対処法

歯磨きをストレスに感じるイヌはたくさんいます。もともと口のまわりや中は触られたくない部分です。またハブラシは異物であるため、口の中に入れられるのは嫌がるのはわかりますが、歯磨きをしなければ病気に発展してしまいます。対処法としては、口に手で触れることから始め、イヌが口元を触らせてくれたら、すぐに切り上げ、十分にほめてあげましょう。口の中のお手入れをすると楽しいことやうれしいことがあると認識させると覚えが早いでしょう。
また、口の中に傷などがあり、その痛みから歯磨きを嫌がることも考えられます。動物病院で痛みの原因を調べてもらうのもよいでしょう。

関連記事

  1. 144255763 する?しない?シニア犬の「サマーカット」そのメリット・デメリット…
  2. パピヨンについて
  3. 276552596 3歳から歯周病になる子も!わんちゃんの正しい歯磨きの仕方とケア方…
  4. 94854319 食べてくれない!シニア犬の食事事情と飼い主にできること
  5. 109821797 シニア犬の幸せな犬生のためにやってあげたい「オーラルケア」
  6. 345461969 私、歩かせすぎ?シニア犬のお散歩は何分くらいがいいの?
  7. 38094919 肥満の危険性、ご存知ですか?シニア犬のダイエット・減量方法とは
  8. ic-senior-02 目指せご長寿犬!シニア犬の食事に最適なのはどんな食事?

新着記事

ラブラドール・レトリーバーはこういう犬です!

特徴短毛で筋肉質・垂れ耳でラブラドール・レトリーバーの最大の特徴は漁に適している「水中での作…

ミニチュア・ブル・テリアの魅力と特徴

特徴ミニチュア・ブル・テリアは体高・体長がおおよそ同じサイズで正方形に近い特徴的な体型で…

ミニチュア・ピンシャーについて

特徴ミニチュア・ピンシャーはドイツ原産の小型犬で、日本ではミニピンの愛称で親しまれています。…

ミニチュア・シュナウザーとは?

特徴 ミニチュア・シュナウザーの特徴は、何と言ってもその垂れ下がったふさふさの眉毛と、立派な口ひ…

shutterstock_402566035 ボルゾイの魅力と特徴

特徴ボルゾイはロシアを原産とする大型犬です。ロシアの作家トルストイも飼っており、小説…






































PAGE TOP