季節ごとのケア

犬の病院への受診の約4割は皮膚病!?~予防と対処法~

shutterstock_185905757

犬の皮膚病の原因は

犬は皮膚病にかかりやすく、受診の4割を占めるとも言われています。

犬の皮膚病の原因を大別すると、細菌、寄生虫、アレルギーなどのいずれかとなります。
この他にも、ストレスや遺伝などによるものもありますが、犬の皮膚病があらわれたら、まずは、この3種類のどれかを疑った方が良いでしょう。

愛犬を皮膚病から守るための、日々のケア方法について

これらの犬の皮膚病に対する予防策は、その種類ごとに異なっているものもありますが、身の回りを清潔に保つことや、食事のバランスを整えることなど、日常から行えることでは共通している手段もあります。

そのため、日ごろからブラッシングやシャンプーを行い、栄養バランスの良い食事を与えるようにしましょう。また、散歩中にダニやノミなどにたかられることもあるため、散歩の後のアフターケアには特に注意する必要があります。

皮膚病になってしまった場合は

皮膚病が発覚した後の対処法としては、できるだけ早く動物病院の診察を受けることが推奨されます。
それは、皮膚病にかかった犬が、その部分をなめたり引っかいたりすることで、症状が悪化する可能性があるためです。

さらに、それによって犬のストレスがたまり、かみつきやすくなることもあるため、問題が起こる前に対処した方が良いでしょう。

動物病院では、基本的には投薬による治療が行われますが、アレルギーによる皮膚病の場合は、そのアレルゲンを特定するための検査が行われることもあります。
ここでダニやノミが原因であることが分かれば、その駆除を行うことになりますが、食事やハウスダストなど、生活環境が原因であることもあります。その場合は、獣医のアドバイスに従って環境の改善に努める必要があります。

関連記事

  1. 272448806 犬が皮膚を痒がったらどうすればいい?すぐに病院へ連れていくべき?…
  2. shutterstock_94854319 なんだか愛犬の毛がパサパサ…?その原因、栄養状態にあるかもしれま…
  3. 347381348 お家でできる!普段からやっておきたい犬の歯石ケア
  4. worries-post02-ph01 ゴールデン・レトリバーがかかりやすい「皮膚疾患」について
  5. 犬の夜泣きはなぜ起こる?正しい対処法っていったいなに?
  6. 276552596 3歳から歯周病になる子も!わんちゃんの正しい歯磨きの仕方とケア方…
  7. ic-sick-01 犬がかかりやすい皮膚病、その種類と症状、原因や対処法とは?
  8. 犬 ダニ 知らないと怖い犬の皮膚炎~その症状、原因、治療方法とは~

新着記事

ラブラドール・レトリーバーはこういう犬です!

特徴短毛で筋肉質・垂れ耳でラブラドール・レトリーバーの最大の特徴は漁に適している「水中での作…

ミニチュア・ブル・テリアの魅力と特徴

特徴ミニチュア・ブル・テリアは体高・体長がおおよそ同じサイズで正方形に近い特徴的な体型で…

ミニチュア・ピンシャーについて

特徴ミニチュア・ピンシャーはドイツ原産の小型犬で、日本ではミニピンの愛称で親しまれています。…

ミニチュア・シュナウザーとは?

特徴 ミニチュア・シュナウザーの特徴は、何と言ってもその垂れ下がったふさふさの眉毛と、立派な口ひ…

shutterstock_402566035 ボルゾイの魅力と特徴

特徴ボルゾイはロシアを原産とする大型犬です。ロシアの作家トルストイも飼っており、小説…






































PAGE TOP