季節ごとのケア

知らないと怖い犬の皮膚炎~その症状、原因、治療方法とは~

犬 ダニ

動物病院に来る犬に最も多く見られる症状は皮膚疾患で、受診されるワンちゃんの約4割と言われています。

犬の皮膚は薄く、人間よりも繊細です。そのため皮膚炎を起こした場合も、その原因は様々なものが考えられます。

同じような症状でも全く異なる病気が原因の場合も多くあり、単純に病状から突き止めるのは難しく、病状の経過観察と各種の検査を併用して診断を行っていきます。

犬の皮膚疾患の代表的な症例としては、皮膚が赤くなったり発疹ができ、とても痒がる、というものが挙げられます。

細菌性皮膚病について(膿皮症・毛包炎など)

細菌性皮膚病は、皮膚病で受診されるワンちゃんの中でも、最も多くの割合を占めています。

膿皮症・毛包炎などですが、感染する細菌は元々皮膚に存在している菌で、

皮膚のバリア機能が弱くなっている
常在菌に対する免疫力が弱くなっている

など、何らかの理由で皮膚のバリア機能が壊れてしまい、異常に増殖してしまった状態です。

細菌性皮膚病(膿皮症・毛包炎など)の治療について

治療方法は、獣医師様の判断になりますが、基本的には、消毒や外用などの殺菌、
抗生物質療法がメインになります。

皮膚真菌症について(カビ)

白癬菌、カンジダ、癜風菌、皮膚糸状菌、黒色真菌等があります。
真菌は皮膚の古い角質、被毛、皮脂などに含まれるタンパク質を栄養源にどんどん増殖していきます。

そのため、皮膚真菌症の犬は毎日こまめに愛犬の体を拭いて清潔に保つ必要があります。

この真菌は、人にも感染の恐れがある人畜共通の感染症です。
人が感染すると皮膚病を発症します。

皮膚真菌症の治療について

治療方法は細菌性皮膚病と同じで、獣医師様の判断になりますが、基本的には、消毒や外用などの殺菌、
抗生物質療法がメインになります。

ノミ

更にはノミが寄生してしまっている場合もあります。
ノミは感染力が強く他のペットや人間にも広まります。
また痒みや炎症だけでなくノミを媒体とした感染症に罹る恐れもあり注意が必要です。

しかしながら予防薬もあり、治療や感染予防は比較的容易です。

ハウスダスト

ハウスダストなどの環境要因や、食べ物による食物要因でのアレルギー反応によってかゆみや炎症が起こることも多くあり、目の周りや口まわり、耳や足先などの末端に特に症状が現れやすいです。

アレルギー性の病状は治療が難しく、発症要因を取り除きながら医療費を考慮しつつ根気強く治療を行っていく必要があります。

関連記事

  1. 116387833 愛犬が耳を痒がる…そんな飼い主さんに知ってほしいこと
  2. 94854319 食べてくれない!シニア犬の食事事情と飼い主にできること
  3. 犬の口臭予防、有効なのは?
  4. 276552596 3歳から歯周病になる子も!わんちゃんの正しい歯磨きの仕方とケア方…
  5. 210587053 愛する家族のために。シニア犬にあげたいサプリメントって?
  6. ic-worries-01 大切な家族のために知っておきたい。シニア犬の「介護食」と注意点
  7. ic-sick-01 犬がかかりやすい皮膚病、その種類と症状、原因や対処法とは?
  8. worries-post02-ph01 内側からのケアも重要なんです!犬の毛艶とフードの関係

新着記事

ラブラドール・レトリーバーはこういう犬です!

特徴短毛で筋肉質・垂れ耳でラブラドール・レトリーバーの最大の特徴は漁に適している「水中での作…

ミニチュア・ブル・テリアの魅力と特徴

特徴ミニチュア・ブル・テリアは体高・体長がおおよそ同じサイズで正方形に近い特徴的な体型で…

ミニチュア・ピンシャーについて

特徴ミニチュア・ピンシャーはドイツ原産の小型犬で、日本ではミニピンの愛称で親しまれています。…

ミニチュア・シュナウザーとは?

特徴 ミニチュア・シュナウザーの特徴は、何と言ってもその垂れ下がったふさふさの眉毛と、立派な口ひ…

shutterstock_402566035 ボルゾイの魅力と特徴

特徴ボルゾイはロシアを原産とする大型犬です。ロシアの作家トルストイも飼っており、小説…






































PAGE TOP