犬のお悩み

大切な家族のために知っておきたい。シニア犬の「介護食」と注意点

ic-worries-01

犬の平均寿命が延びることで問題となっている「介護」

動物病院での定期検診や早期の治療。食事内容の改善などもあり、犬の平均寿命も延びてきました。
これに伴い近年問題となっているのが介護です。

シニア犬の介護食・流動食

そのときの為に、シニア犬の介護食や流動食について考えてみましょう。
シニア犬は若い犬と違い、飲み込む力が弱くなっています。
そのために食べたものがちゃんと胃へ降りていくように、食事の時の姿勢はとても重要になります。
立てる場合の与え方としては、食器を床へ直に置くのではなく少し高い位置にしてあげると食べ易くなります。

また食べる位置を高くすると、前肢や首の負担を減らすことにもなります。
シニア犬は飲み込む力や消化する機能も落ちていますから、ドライフードであればぬるま湯につけてやわらかくしてあげる工夫が必要となります。
このときドライフードを熱湯に浸けてしまうと栄養価を損なう恐れがあり、必ず人肌程度のぬるま湯にしてください。

シニア犬は喉の渇きを感じなくなります

さらに水分補給についてですが、年を取ったシニア犬は喉の渇きを感じ難くなっています。
また足腰が弱っていて、例え近くに水のみ場があっても立って行くのが面倒となる場合もあります。

そんな時には脱水症状にならないよう、積極的に水分を摂らせる工夫をしましょう。
スープや牛乳を使って水分の多い食事を与えたり、犬用ハイポトニックを利用するのも良いと思います。

寝たきりになったシニア犬では、食事の与え方に注意しましょう。
気管に詰まらせる危険があるので、決して寝たまま食事を与えないようにしてください。食事をさせる時には抱き上げてクッションや折り畳んだタオルに上半身を乗せて頭を高くしてから、スプーンやシリンジなどでゆっくりと食べさせます。

関連記事

  1. 犬の口臭予防、有効なのは?
  2. 116387833 愛犬が耳を痒がる…そんな飼い主さんに知ってほしいこと
  3. 愛犬の口臭対策、その方法とは
  4. 279711269 旅行はOK?シニア犬とのお出かけで気をつけるポイント
  5. 38094919 肥満の危険性、ご存知ですか?シニア犬のダイエット・減量方法とは
  6. 犬 ダニ 知らないと怖い犬の皮膚炎~その症状、原因、治療方法とは~
  7. 175516832 犬の耳掃除の方法、嫌がる場合はどうするのが正解?
  8. sick-post01-ph03 愛犬のために知っておいてほしい「皮膚トラブル」と「スキンケア」に…

新着記事

ラブラドール・レトリーバーはこういう犬です!

特徴短毛で筋肉質・垂れ耳でラブラドール・レトリーバーの最大の特徴は漁に適している「水中での作…

ミニチュア・ブル・テリアの魅力と特徴

特徴ミニチュア・ブル・テリアは体高・体長がおおよそ同じサイズで正方形に近い特徴的な体型で…

ミニチュア・ピンシャーについて

特徴ミニチュア・ピンシャーはドイツ原産の小型犬で、日本ではミニピンの愛称で親しまれています。…

ミニチュア・シュナウザーとは?

特徴 ミニチュア・シュナウザーの特徴は、何と言ってもその垂れ下がったふさふさの眉毛と、立派な口ひ…

shutterstock_402566035 ボルゾイの魅力と特徴

特徴ボルゾイはロシアを原産とする大型犬です。ロシアの作家トルストイも飼っており、小説…






































PAGE TOP