犬のお悩み

なんだか愛犬の毛がパサパサ…?その原因、栄養状態にあるかもしれません

shutterstock_94854319

パサついた毛質は、ドッグフードが原因?

ドッグフードもピンからキリまであって種類も豊富です。

「どれを選んでも同じなのでは。」とか「高いフードより安いフードの方がお得。」だと思っている人はいませんか。

ドッグフード選びによっては犬の栄養状態に偏りが生じている可能性があります。
食事は毎日のことですから、少しでもフード代を安く抑えたいと思う人もいるかもしれません。

しかし安いドッグフードは安いなりの理由があるのです。もちろん犬にとってどちらも食事になるには変わりありません。
しかし元々肉食の動物であるので、フードのメインとなる原材料は、肉、しかも良質なお肉でなければなりません。

穀物過多のフードに要注意!

安いドッグフードの成分表は主原料が穀類になっている場合があります。

小麦などの炭水化物が主原料になっている場合が多いのです。
これのようなフードでは、犬の毛艶を良くすることはできません。

また体をかゆがったり毛並みに艶がなくなったりして病院を訪れる飼い主さんもいますが、食物アレルギーや皮膚疾患を
起こしている可能性があります。

毎日きちんとブラッシングしたり散歩をしたりしてケアしてあげても、病気を患ってしまっては飼い主さんも愛犬も
つらい思いをしなければなりません。

将来長く付き合っていきたいパートナーとして大事に思うなら、健康状態にも気を配り、ドッグフードもその子に合ったものを選ぶようにしたいものです。それが飼い主としての責任でもあるのです。

関連記事

  1. 116387833 愛犬が耳を痒がる…そんな飼い主さんに知ってほしいこと
  2. ic-worries-02 見て!うちの子ツヤツヤ!犬の毛艶を良くする方法
  3. 犬の口臭予防、有効なのは?
  4. ic-worries-01 大切な家族のために知っておきたい。シニア犬の「介護食」と注意点
  5. worries-post02-ph01 内側からのケアも重要なんです!犬の毛艶とフードの関係
  6. 141917344 愛犬の耳が臭い…原因や自宅でできるケア方法
  7. 279711269 旅行はOK?シニア犬とのお出かけで気をつけるポイント
  8. shutterstock_185905757 犬の病院への受診の約4割は皮膚病!?~予防と対処法~

新着記事

ラブラドール・レトリーバーはこういう犬です!

特徴短毛で筋肉質・垂れ耳でラブラドール・レトリーバーの最大の特徴は漁に適している「水中での作…

ミニチュア・ブル・テリアの魅力と特徴

特徴ミニチュア・ブル・テリアは体高・体長がおおよそ同じサイズで正方形に近い特徴的な体型で…

ミニチュア・ピンシャーについて

特徴ミニチュア・ピンシャーはドイツ原産の小型犬で、日本ではミニピンの愛称で親しまれています。…

ミニチュア・シュナウザーとは?

特徴 ミニチュア・シュナウザーの特徴は、何と言ってもその垂れ下がったふさふさの眉毛と、立派な口ひ…

shutterstock_402566035 ボルゾイの魅力と特徴

特徴ボルゾイはロシアを原産とする大型犬です。ロシアの作家トルストイも飼っており、小説…






































PAGE TOP