犬のお悩み

なんとかしたい、犬の口臭の原因は?

犬の口臭の原因、考えられる病気とは?

愛犬の口臭が気になるという場合、もしかしたら病気のサインかもしれません。口内や内臓の病気が原因で口臭がきつくなることはあります。
人間も同じですが、歯垢や歯石が溜まっていたり歯周病になっているなど口内環境が乱れると口臭は発生します。自分で歯を磨く習慣がない犬たちは、人間以上に口臭は出やすい傾向にあります。
口内に細菌が溜まるとそこから内臓の病気の引き金ともなります。歯をタオルなどで拭ってみてタオルが匂わないなら原因は歯ではなく内臓の方です。胃や肝臓・腎臓が悪い可能性が高いので獣医さんに見てもらいましょう。

犬の口臭はどう解消する?その対処法

内臓系の疾患が原因なら早めに病院に連れて行った方がよいでしょう。
口内が原因の場合、人間と同じです。虫歯や歯周病になっていたら病院で治療を行ないますし、歯垢がつかないように歯磨きをしてやるのです。人間も赤ちゃんのころは口に歯ブラシを入れられるのを抵抗するものですが、犬だって一緒です。まずは歯ブラシに慣れさせるところから始めましょう。専用の歯磨き粉もあります。歯磨きガムもあります。うまくケア用グッズを使いながら毎日の歯磨きへの抵抗感をなくし、習慣にしてしまいましょう。家庭でのケアには限界があるので定期的に歯石除去などしてもらうのもおすすめです。

なかなか治らない犬の口臭への対処法

歯磨きをきちんとしているのに口臭が治らないという場合、内臓系の疾患以外にも原因は考えられます。
臭いの強すぎるドッグフードや酸化しやすい脂を材料に使っているドッグフードなど食べ物を通じて臭いが発生しているのかもしれませんし、もしかしたら遊びの一環でこっそり自分のウンチを食べていたりもします。
ドッグフードを購入する際には原材料にもこだわって選ぶようにしましょう。
食糞は特に口臭だけでなく健康被害にもつながるので食べないようにしつけが必要です。ケージなどに閉じ込めたままお留守番させることが長くなって空腹から食べてしまう場合もあります。

口臭がでやすい犬種の特徴とは?

犬も年を取ると内臓も弱りますし、口内の唾液の分泌も減るので臭いやすくなります。
ただ、元々口臭がでやすい犬種というのもあります。
大型のものより小型のものの方が歯が密集して生えているので歯垢が溜まりやすいです。鼻の長さがある種類よりもぺちゃっとした鼻の種類の方が歯が大きく汚れが付く面積が広いので、汚れは目立ちやすくなります。
小さいうちから歯ブラシに慣れさせて、奥歯や歯の裏側など全体をしっかり磨けるようにしてやった方がいいでしょう。定期的な動物病院での歯石除去のしてやりましょう。とにかく歯をきれいに保ってやるようにしましょう。

関連記事

  1. 38094919 肥満の危険性、ご存知ですか?シニア犬のダイエット・減量方法とは
  2. worries-post02-ph01 内側からのケアも重要なんです!犬の毛艶とフードの関係
  3. 276552596 3歳から歯周病になる子も!わんちゃんの正しい歯磨きの仕方とケア方…
  4. 109821797 シニア犬の幸せな犬生のためにやってあげたい「オーラルケア」
  5. 347381348 お家でできる!普段からやっておきたい犬の歯石ケア
  6. 犬の夜鳴き、その原因は?どう対処するのが正解?
  7. 愛犬の口臭対策、その方法とは
  8. ic-worries-01 大切な家族のために知っておきたい。シニア犬の「介護食」と注意点

新着記事

ラブラドール・レトリーバーはこういう犬です!

特徴短毛で筋肉質・垂れ耳でラブラドール・レトリーバーの最大の特徴は漁に適している「水中での作…

ミニチュア・ブル・テリアの魅力と特徴

特徴ミニチュア・ブル・テリアは体高・体長がおおよそ同じサイズで正方形に近い特徴的な体型で…

ミニチュア・ピンシャーについて

特徴ミニチュア・ピンシャーはドイツ原産の小型犬で、日本ではミニピンの愛称で親しまれています。…

ミニチュア・シュナウザーとは?

特徴 ミニチュア・シュナウザーの特徴は、何と言ってもその垂れ下がったふさふさの眉毛と、立派な口ひ…

shutterstock_402566035 ボルゾイの魅力と特徴

特徴ボルゾイはロシアを原産とする大型犬です。ロシアの作家トルストイも飼っており、小説…






































PAGE TOP