犬のお悩み

犬の口臭予防、有効なのは?

犬の口臭予防の必要性

犬も人間と同じで口周りのケアが必要となってきます。歯周病や口内炎など、お口周りのトラブルが起きると、口臭が起きます。口臭の予防としては、なるべく小さいころから歯磨きの癖をつけておくことと、食事やおやつに匂いの成分が少ない物を選ぶことをおすすめします。人間でもニンニクや刺激の強いものを食べると口臭がします。ですので、食事やおやつなどで匂いや刺激臭の少ないものを選ぶと口臭予防になります。歯周病を起こさないためにはこまめに愛犬の口周りをチェックしましょう。綺麗なピンク色の歯肉であれば健康だと言えます。

犬の口臭予防をしないままにしておくと?

口臭やお口周りのケアなど、予防しないまま放っておくと、歯周病が悪化し歯肉が炎症を起こして腫れてしまったり、口の中が出血したり、食欲低下などを招いてしまい歯が抜けたりします。また、不衛生なままですと、症状が悪化すれば獣医師の指示のもとで強制的に歯を抜いたり、歯周病菌が腎臓や心臓、肝臓などにたどり着いて肝疾患を併発したりと最悪な事態も招きかねません。すると、全身麻酔を必要とする手術など治療に大変な事態を引き起こしてしまいます。犬にとっても飼い主にとっても辛いことですので、歯磨きは欠かさないようにしましょう。

犬の口臭予防の方法

口臭予防は、歯磨き効果のある犬用のガムや歯垢のつきにくいフードを普段から与えることも大切です。また、おもちゃやおやつはストレス発散にもなりますが、おもちゃはよだれがついたままですと口腔内のトラブルになりやすくなりますので、衛生的に保つことが基本となります。また、硬いおもちゃは歯の摩擦によりエナメル質を減らしてしまいますので、適度な柔らかさのおもちゃを与えるようにしましょう。犬の唾液はアルカリ度が高く歯石になりやすい傾向があると言われています。普段から飼い主が注意を払って、歯石をつけないようにしましょう。

犬の口臭予防をするメリット

口臭予防のメリットは、飼い主も臭いで不快な思いをしないことと歯肉で健康をはかれることです。健康な歯であればいつまでも元気に動き回れますし、治療を必要としないために手術にかかる費用を支払わずに経済的に過ごすことができます。また、ワンちゃんのほうも口の中の不快な思いを抱かずにすみ、食べたいものを食べられて、遊びたいおもちゃで好きに遊ぶことができます。大きくなってしまうと歯磨きの癖をつけるのは容易ではありませんので、小さいころからの癖をつけておくとメリットとなります。小さいころからの相互の信頼関係が大切となります。

関連記事

  1. 愛犬の口臭対策、その方法とは
  2. 115685611 犬用シャンプーはどう選ぶ?おすすめできるシャンプーのポイントはコ…
  3. なんとかしたい、犬の口臭の原因は?
  4. shutterstock_185905757 犬の病院への受診の約4割は皮膚病!?~予防と対処法~
  5. 345461969 私、歩かせすぎ?シニア犬のお散歩は何分くらいがいいの?
  6. 347381348 お家でできる!普段からやっておきたい犬の歯石ケア
  7. 犬の夜泣きはなぜ起こる?正しい対処法っていったいなに?
  8. 141917344 愛犬の耳が臭い…原因や自宅でできるケア方法

新着記事

ラブラドール・レトリーバーはこういう犬です!

特徴短毛で筋肉質・垂れ耳でラブラドール・レトリーバーの最大の特徴は漁に適している「水中での作…

ミニチュア・ブル・テリアの魅力と特徴

特徴ミニチュア・ブル・テリアは体高・体長がおおよそ同じサイズで正方形に近い特徴的な体型で…

ミニチュア・ピンシャーについて

特徴ミニチュア・ピンシャーはドイツ原産の小型犬で、日本ではミニピンの愛称で親しまれています。…

ミニチュア・シュナウザーとは?

特徴 ミニチュア・シュナウザーの特徴は、何と言ってもその垂れ下がったふさふさの眉毛と、立派な口ひ…

shutterstock_402566035 ボルゾイの魅力と特徴

特徴ボルゾイはロシアを原産とする大型犬です。ロシアの作家トルストイも飼っており、小説…






































PAGE TOP