犬のお悩み

愛犬の口臭対策、その方法とは

犬の口臭対策、どんな症状があったらやるべき?

スメルハラスメントとは、自身では気付かないが自身が出す臭いによって周辺の人間や動物の臭いを感じる器官に作用して不快に感じさせることです。スメルハラスメントは人間が出す臭いという意味で定着していますが、ペットにもそのスメルハラスメントになる件数が増加しています。ペットで一番多いのが犬です。臭い自体は体内から発生しているためある程度の臭いというものは存在するのですが、その臭いだけでなく別の臭いを感じることがあります。犬の口臭対策、どんな症状があったらやるべきか、それはやはり人間と同様に吐く息に刺激臭が入ったり本来白いはずの歯が黄色くなっているときには対策をする必要があります。

犬の口臭対策が必要となる原因

犬の口臭対策が必要となる原因の刺激臭がするときにというのは、その必要となる原因が人間と同様に歯に歯周病菌が入り込んでいることによる臭いである可能性があるためです。歯周病菌は歯と歯茎もしくは歯肉の間に入り込んで膜を張りプラークとなって固まります。そのプラークで固まっている間に、自身の出すアルカリ成分の酵素で歯肉を溶かし栄養分として増殖をします。その歯肉を溶かす時に、先に言ったきつい刺激臭がするのですその原因には糖分の高いおやつを与えてしまうこと、そして野生では動物の骨で歯を磨く習性があるのですがペットでは歯磨く習慣がないためひどくなります。

犬の口臭対策として有効な対処法

犬の口臭対策として有効な対処法としては、やはりペットだからこそできないは磨く習慣を手助けしてあげることです。先に言ったとおりに野生では動物の骨で歯を磨く習性があるのですが、ペットでは歯磨く習慣がないためひどくなります。そこで方法としては刺激臭がするときには歯周病菌が張り付いているため、最初に指もしくは棒にガーゼを巻きます。それを歯に沿って磨くように拭いてあげることによって、歯にこびりついているプラークを取り除いてあげます。その後常に歯をきれいな状態にするために、骨を模したおやつを与えて挙げることによって歯を常にきれいに維持すると良いです。

口臭の対策が必要になりやすい犬種

実際に飼う上でこういった口臭のリスクがあることを念頭に置くと、ここで気になるのがどんな種類が歯周病菌におかされ安かということです。どんな種類が感染しやすいのか、それはあまり関係のないことです。口臭の対策が必要になりやすい犬種というのは存在せず、そもそもの原因は人間が過剰に餌をあげたりデンタルケアを怠るからこそ発生している問題であるためです。そのためどの種類に限らず、この歯周病菌は人間の方が問題で起こるものであると認知しそのうえで飼うなら先に言った棒にガーゼを巻いてあげて歯を磨いてあげるといったデンタルケアをしてあげることが先決です。

関連記事

  1. ic-worries-02 見て!うちの子ツヤツヤ!犬の毛艶を良くする方法
  2. 272448806 犬が皮膚を痒がったらどうすればいい?すぐに病院へ連れていくべき?…
  3. ic-worries-01 大切な家族のために知っておきたい。シニア犬の「介護食」と注意点
  4. 210587053 愛する家族のために。シニア犬にあげたいサプリメントって?
  5. 116387833 愛犬が耳を痒がる…そんな飼い主さんに知ってほしいこと
  6. 141917344 愛犬の耳が臭い…原因や自宅でできるケア方法
  7. 115685611 犬用シャンプーはどう選ぶ?おすすめできるシャンプーのポイントはコ…
  8. 94854319 食べてくれない!シニア犬の食事事情と飼い主にできること

新着記事

ラブラドール・レトリーバーはこういう犬です!

特徴短毛で筋肉質・垂れ耳でラブラドール・レトリーバーの最大の特徴は漁に適している「水中での作…

ミニチュア・ブル・テリアの魅力と特徴

特徴ミニチュア・ブル・テリアは体高・体長がおおよそ同じサイズで正方形に近い特徴的な体型で…

ミニチュア・ピンシャーについて

特徴ミニチュア・ピンシャーはドイツ原産の小型犬で、日本ではミニピンの愛称で親しまれています。…

ミニチュア・シュナウザーとは?

特徴 ミニチュア・シュナウザーの特徴は、何と言ってもその垂れ下がったふさふさの眉毛と、立派な口ひ…

shutterstock_402566035 ボルゾイの魅力と特徴

特徴ボルゾイはロシアを原産とする大型犬です。ロシアの作家トルストイも飼っており、小説…






































PAGE TOP