季節ごとのケア

暑い夏でも快適に!愛犬のために熱中症対策グッズを揃えよう!

163401692

なぜ犬は暑さに弱いの?

犬は、寒さにはとても強いのですが、逆に暑さにはめっぽう弱い生き物です。夏場の暑い時期では、常に口を開けて荒い呼吸をしています。これは、人間とは違い犬には汗をかく汗腺が、肉球の裏にしか存在していないためです。

そのため暑い時には口を開き、呼気と共に唾液を汗の代わりに垂らして体温調整をしているのです。

犬の平熱はおおよそ37.5℃~39℃あり、人間よりも体温が高く、小型であるほど高い傾向にあります。外気が高い時などは、40℃を超えることもあるのです。

しかし犬が限界と言われる体温は41℃と言われており、これを超えると熱中症になってしまいます。平熱時よりさほど差がない温度差なので、意外と熱中症にかかる可能性が高いのです。

熱中症にならないために気を付けるポイント

人間と同じように閉め切った室内や車の中に待機させることは、非常に危険だと言えます。

また、湿度が高く気温も高い日の散歩や、同じく気温が高い時間帯の散歩も避けた方が良いです。背が低いためにアスファルトに近い場所に体があり、人間よりも多くの気化熱を身体に浴びています。また、肉球のやけども発症してしまうのです。

また、熱中症にかかりやすい犬種としては、シーズーやパグのような短頭種、シベリアンハスキーなどの北の方の原産種、肥満気味な体型、子どもや高齢、持病持ちなどです。

対策としては、とにかく涼しくしてあげることが有効です。

熱中症対策グッズ

それには熱中症対策グッズを使用することも良いでしょう。
室内に敷く熱をとるマットや、熱中症対策用の熱を逃がす洋服なども販売されています。

また、散歩時には飲み水を常時して、身体の内側からも熱を逃がせるように準備をしておきましょう。

関連記事

  1. 犬 ダニ 知らないと怖い犬の皮膚炎~その症状、原因、治療方法とは~
  2. ic-season-01 犬の熱中症で起こる症状とは?
  3. season-post01-ph02 犬の熱中症は人より「危険」なんです!犬の熱中症、その原因・症状や…
  4. shutterstock_185905757 犬の病院への受診の約4割は皮膚病!?~予防と対処法~
  5. 144255763 する?しない?シニア犬の「サマーカット」そのメリット・デメリット…
  6. 291476471 愛犬を熱中症から守るために、あなたに知っておいてほしい熱中症対策…

新着記事

ラブラドール・レトリーバーはこういう犬です!

特徴短毛で筋肉質・垂れ耳でラブラドール・レトリーバーの最大の特徴は漁に適している「水中での作…

ミニチュア・ブル・テリアの魅力と特徴

特徴ミニチュア・ブル・テリアは体高・体長がおおよそ同じサイズで正方形に近い特徴的な体型で…

ミニチュア・ピンシャーについて

特徴ミニチュア・ピンシャーはドイツ原産の小型犬で、日本ではミニピンの愛称で親しまれています。…

ミニチュア・シュナウザーとは?

特徴 ミニチュア・シュナウザーの特徴は、何と言ってもその垂れ下がったふさふさの眉毛と、立派な口ひ…

shutterstock_402566035 ボルゾイの魅力と特徴

特徴ボルゾイはロシアを原産とする大型犬です。ロシアの作家トルストイも飼っており、小説…






































PAGE TOP