季節ごとのケア

愛犬を熱中症から守るために、あなたに知っておいてほしい熱中症対策

291476471

愛犬を熱中症から守るために

気温が高くなる季節には、人間でも熱中症になる人が多くいますし、犬でも熱中症の危険はあります。
体調が悪くても、飼い主に伝えることができないので、飼い主が正しい知識を身に着けて、対策をしておくことが重要です。

暑い時期の散歩は、時間帯に気を付けるよう

特に、暑い時期の散歩は、時間帯に気を付けるようにしましょう。
最近は、アスファルトなどの舗装された道路が多くなっています。靴を履いている人間にとっては、それほど気にならなくても、アスファルトからの照り返しによって、地表付近の温度は、さらに高くなっているといえます。

体の小さい犬にとっては、照り返しでさらに気温が高くなっているところを歩くため、熱中症の危険性も高まるといえるのです。

また、アスファルトの表面温度は、人間が素足で歩いたら、やけどしてしまうほど高温になることもあるので、犬にとっても過酷な状況といえます。

ですから、炎天下の散歩は避けたり、朝の早い時間帯や夕方に行うようにしたいものです。
また、できるだけアスファルトではなく、土や草の上を歩かせることができるような散歩コースを考えておくのも良いでしょう。散歩中は、時々休憩したり、水を飲ませることも効果的な対策といえます。

なるべく日陰になっている部分を歩かせたり、犬の様子を観察しながら、無理のないように気を付けることが大切です。家の中でも、気温が高くなることも多いですから、常に室温をチェックして、風通しを良くするなどの対策をするようにしましょう。

関連記事

  1. 犬 ダニ 知らないと怖い犬の皮膚炎~その症状、原因、治療方法とは~
  2. shutterstock_185905757 犬の病院への受診の約4割は皮膚病!?~予防と対処法~
  3. 144255763 する?しない?シニア犬の「サマーカット」そのメリット・デメリット…
  4. ic-season-01 犬の熱中症で起こる症状とは?
  5. 163401692 暑い夏でも快適に!愛犬のために熱中症対策グッズを揃えよう!
  6. season-post01-ph02 犬の熱中症は人より「危険」なんです!犬の熱中症、その原因・症状や…

新着記事

ラブラドール・レトリーバーはこういう犬です!

特徴短毛で筋肉質・垂れ耳でラブラドール・レトリーバーの最大の特徴は漁に適している「水中での作…

ミニチュア・ブル・テリアの魅力と特徴

特徴ミニチュア・ブル・テリアは体高・体長がおおよそ同じサイズで正方形に近い特徴的な体型で…

ミニチュア・ピンシャーについて

特徴ミニチュア・ピンシャーはドイツ原産の小型犬で、日本ではミニピンの愛称で親しまれています。…

ミニチュア・シュナウザーとは?

特徴 ミニチュア・シュナウザーの特徴は、何と言ってもその垂れ下がったふさふさの眉毛と、立派な口ひ…

shutterstock_402566035 ボルゾイの魅力と特徴

特徴ボルゾイはロシアを原産とする大型犬です。ロシアの作家トルストイも飼っており、小説…






































PAGE TOP